犬の整腸作用があるドッグフード

愛犬の「便が柔らかすぎる」「下痢がなかなか治らない」「便秘で数日も便が出ない」「便がいつもカチカチに硬い」など、胃腸の調子が悪くて悩んでいらっしゃる、飼い主さんが意外と多いようです。

このページでは胃腸の調子を整えて快適な便通を目指す整腸作用のある方法をまとめてみました。

もし、愛犬が薬を使わず、食べ物(ドッグフードの種類)で整腸できる方法を探しているなら、ぜひ確認して頂きたいページです。

便秘の犬

犬が軟便になる原因とは?

ドッグフードの選択の前に、どうしてワンちゃんが軟便になってしまうのか原因を把握してみましょう。

主な軟便の原因は、腸の動きが悪い場合や腸内環境が悪化していることで軟便になることが最も多いようです。

犬の腸は食物の水分を吸収する働きがあるのですが、腸の調子が整っていないと水分を適正に吸収できずに、便に水分が含まれたまま排出されて、軟便になってしまいます。

犬が便秘になる原因とは?

主な原因として、トウモロコシ、米、小麦など犬の消化が苦手な植物性のたんぱく質を含む穀物を使用している場合や人口添加物を含んでいるドッグフードによって消化不良を起こしている場合があります。

その他の原因として水分不足、運動不足、引っ越しなどの環境の変化などがあります。水分不足にならないように常時水が飲める環境を作ってください。また運動も正常だった頃と比べて減って無いか点検してください。

犬の軟便や便秘などに関し整腸作用のあるドッグフードの選び方

穀物不使用のドッグフードを選ぶ

穀物(トウモロコシや小麦)が含まれるドッグフードの場合、犬にとっては穀物に含まれる炭水化物やたんぱく質は消化が苦手な食物です。

穀物は水に溶けにくい性質のため未消化のまま腸を進んで膨れ上がって腸内で止まってしまい便秘になります。

そのためなるべく穀物不使用のフードを選ぶと良いでしょう。

そして肉類がメインのドッグフードを選ぶことです。原材料表示の最初が肉類になっているか確認しましょう。

みらいのドッグフード【特別療法食IC】胃腸・消化器用

整腸作用のあるドッグフード

みらいのドッグフードの特徴

みらいのドッグフードの考える「腸の健康ポイント」は、高消化性・中程度のたんぱく質補給、それと過度な繊維質やアレルゲンの制限にあります。

整腸作用のあるドッグフード

アレルゲンフリー

犬の七大アレルギー食材を一切使用しておりません。

高消化性タンパク質

鹿肉(丹波産の高級熟成鹿肉)と魚を中心とした中タンパク質と低脂質の厳選素材を使用。

体内酵素を補って消化系をサポート

36種類もの漢方・腸活発行レシピで体内酵素を補って消化器をサポートします。

無農薬野菜、無農薬玄米で腸の活動を活発化

整腸作用のあるドッグフード4穀類・野菜に含まれる食物繊維は、腸内の善玉菌を増やす効果があり、腸の健康な活動を自然治癒力の効果で高めことが出来ます。
しかし、食物繊維は犬にとって消化しにくい問題がありますが、みらいのドッグフードは犬が消化できる微粒子粉末処理を行って解決しています。

口腔ケアで健康長寿

歯周菌や口臭を軽減する歯磨きパウダーが付属。癌のリスク・細菌やウイルス感染・脳の働きの低下などを引き起こす口内炎症を防止します。

100%無添加でヒューマングレード

国産&無農薬素材を利用して100%無添加を実現。人間でも食べられる安全品質・美味しさを追及しています。

整腸作用のあるドッグフード2

みらいのドッグフード【特別療法食IC】胃腸・消化器用のまとめ

これらのように、みらいのドッグフードには、胃腸の調子を整える効果の期待できるフードです。
しかも、健康を維持することに高い効果が期待できる高品質のフードと考えて良いでしょう。

もし、ご心配の場合には【公式サイト】に無料通話サポートがありますので、こちらへお電話してご購入前の心配ごとを解消しておくと安心ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする