ラム肉鹿肉馬肉アレルギー対策ドッグフードランキング

愛犬のアレルギーでドッグフードの見直し

今まで愛犬にはプレミアム・ドッグフードを疑いも無く与えていました、しかし約2年前に酷い皮膚炎に掛かってしまい、複数の病院を受診しました。

そこで様々なアレルギー検査をしましたが、特に食物のアレルギーが大きく反応せず、ハウスダストなどの疑いを指摘されました。

先生の指摘に従って徹底的に掃除を行い、きれいな環境を維持しましたが一向に皮膚炎が治らず。
そのため食事を変えてみようと徹底的に調査したところ、ラム肉・鹿肉・馬肉のドッグフードに行き着きました。ドッグフードを変更してみたところ、徐々に改善して行き、きれいな皮膚と被毛が戻ってきました。

ラム肉アレルギー対策
そのときの経験を元にラム肉・鹿肉・馬肉の優れたところ、アレルギーに困っている方に是非、ラム肉鹿肉馬肉のドッグフードを試して頂きたく、調査した内容をお届けしたいと思います。

もし、あなたの愛犬がアレルギーで困っている、シニアに入って長生きしてもらいたいなどお考えであれば、ぜひ参考にして頂きたいサイトです。

ランキングを見る

なぜドッグフードにラム肉・鹿肉・馬肉が良いのか?

ラム肉アレルギー

<ドッグフードにラム肉が良い理由>

ラム肉のアレルギー対策

ラム肉(羊肉)は高たんぱく、低カロリーで栄養価が高いお肉です。
ラム肉は他のお肉よりカロリーは低く、たんぱく質が多いため通常食として長期に与える食材としては最適のお肉と言えます。

また、ラム肉には魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸や、オメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸が肉類としては珍しくたっぷり含まれているので、アレルギーを抑える効果と、皮膚を健康に保ちキレイな毛並みを作る役割も果たします。この不飽和脂肪酸が涙やけなども改善できる成分なのです。

ラム肉にはビタミンB群や鉄分、カルシウムも豊富に配合されているので、犬がラム肉のドッグフードを食べることで「丈夫な体、質の良い血液、そして強い骨」を持った健康な体に生まれ変われます。

ラム肉のダイエット効果

ラム肉は他の肉と比べてカロリーが低く太りにくいお肉です。
ラム肉は体を温める作用があり、効果で内臓機能や代謝機能が活発になることでダイエット効果も生まれます。
そしてラム肉に脂肪燃焼効果があるL-カルニチンを多く含んでいることです。
さらに不飽和脂肪酸の働きで、血中コレステロール値を下げることで脂肪を分解するため、ラム肉はダイエットに最適な食材なのです。

<ドッグフードに鹿肉が良い理由>

鹿肉アレルギー対策

鹿肉はアレルギー対策に最も優れたお肉

鹿肉は食物アレルギーの原因になりにくく消化の良いタンパク質です。
理由として鹿は家畜として育成されておらず、食べ物も人の管理する食べ物ではなく、自然界に育つ物を食べています。

そのため鹿肉は成長ホルモンや抗生物質のなどの化学薬品の投与が最も比較的少ないためと考えられています。良質な脂肪酸も含んでいる鹿肉はアレルギーの症状が悪化してしまう可能性が極めて少ない良質なお肉なのです。

他の牛肉や豚肉と比較し脂肪分が少ないため、脂肪分の接取過多による涙やけ、耳内トラブルの発症予防に効果があると言われています。
また、タンパク質にアレルギー反応を示してしまう愛犬であっても、鹿肉はそのリスクが少ないたんぱく質のお肉なのです。

鹿肉のダイエット効果

鹿肉はとてもヘルシーで健康的な肉です。
それはカロリーが牛肉や豚肉の約3分の1程度と少ないです。脂肪に関しては15分の1程度ととても少ないのに、体脂肪を減らす脂肪であるCLAが含まれており、犬に与える肉としては大変優れているといわれています。
鹿肉には良質なたんぱく質が豊富に含まれ鉄分やビタミンなどの栄養もたっぷりあるのですが、低カロリーで低脂質のためダイエットに効果的なお肉といえます。
また鹿肉がダイエット効果として、中性脂肪を減らす「DHA」を豊富に含んでいます。中性脂肪を減らすことによって、食べることで健康的にダイエットすることができるのです。

鹿肉で皮膚の健康と毛艶の改善

悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きが強い多価不飽和脂肪酸が含まれており、この多価不飽和脂肪酸が皮膚が敏感な場合や毛艶が悪い老犬にとても良い効果があります。
また鹿肉に含まれているビタミンBは皮膚や被毛を健康に保つ効果があり、皮膚が弱い犬にも適したお肉です。

シニア犬・老犬にも最適な鹿肉

鹿肉は上質で多くのたんぱく質が含まれているため、少量の摂取でも十分なたんぱく質を摂ることが出来ます。
また、鹿肉は消化吸収が他の肉と比べとても良いため、ワンコの消化器官の負担を少なく抑えることができます。

更に鹿肉に含まれるセリンという成分は老化を進める活性酸素を抑制する抗酸化作用があるため、老化の防止に効果があります。また、セリンはがんを予防する効果があるされています。

鹿肉は豊富に鉄分が含まれており、この鉄分は被毛の健康維持に効果があります。

鹿肉アレルギー対策
ランキングを見る

<ドッグフードに馬肉が良い理由>

馬肉アレルギー対策
犬の祖先である狼は野生の馬や鹿を襲って食べてきたのです。

馬は生産性を上げる家畜ではないため、牧草地でゆったり放牧されています。更に馬は牛や豚などと違い、体温が5~6度高いので寄生虫が住みつく心配もありません

馬肉はタンパク質が非常に多く、他のお肉と比べてとても低カロリーのため、食事量が減った老犬やダイエットしたい犬にとって最適なお肉だといわれています。
また、栄養素が豊富なので健康を重視する犬のためにもお勧めです。

アレルギーと涙焼け、耳内トラブル対策

馬肉は牛肉・豚肉・鶏肉などと比較すると、アレルギーの出にくい肉類といわれています。
それは馬肉がアレルゲンの数値が低いためアレルギー反応が出にくい食材なのです。

また馬はとても敏感なため、餌に成長ホルモン等の薬品を混ぜて与えると食べないので、馬の肉が薬品ので汚染されることがないので、良質なたんぱく質といわれています。

馬肉には病気を予防する栄養素が豊富

馬肉は鉄分、カルシウム、ビタミンAやEといったミネラルやビタミンが豊富です。

鉄分が不足すると貧血になります。鉄分不足が幼少期から続くと成長が阻害されたり、無気力になることがあります。
一時的な鉄分不足の場合は、貧血以外に被毛トラブルなども起こります。

犬が必要なカルシウムの量は、人間の約14倍の量が必要だと言われていますが、馬肉には豊富なカルシウムが牛豚の約3~4倍も含まれています。

また犬がビタミンAが不足するとがんの原因になったり、眼の疾患、皮膚・粘膜の角質化、免疫の低下を招く恐れがあります。

ビタミンEが不足すると、活性酸素が増えて体の各所で酸化起こり、ガン・皮膚病・腎臓病・脳の病気・消化器疾患など、あらゆる病気やトラブルの素となります。

馬肉は皮膚のトラブルを防ぐ成分が豊富

馬肉は牛・豚肉と比べて脂肪分が少なく、特に動物に不可欠な必須脂肪酸と言われているオレイン酸やリノール酸(オメガ6)・リノレン酸等の不飽和脂肪酸が多く含まれ、リノレン酸を吸収するために必要なビタミンEも牛・豚の倍以上も含まれています。リノール酸などオメガ6系脂肪酸によって皮膚の乾燥や皮膚炎といったトラブルを防ぐ機能が強化されます。

また免疫力が向上し、感染症などにかかり難くなり、またがんの予防にもなります。

馬肉のダイエット効果

馬肉アレルギー対策2
馬肉は100g当たり110kcalと牛肉や豚肉に比べて半分ほどしかなく、低脂質で高たんぱくなお肉です。今まで与えていたフードを馬肉にかえれば、ダイエット効果を感じられる可能性が高いです。

馬肉には、ビタミンB群がバランスよく入っています。中でもビタミンB1は糖質の代謝を助けて、ビタミンB2は脂質の代謝を助けるため、効率よくエネルギーが消費されます。

脂肪をため難く太りに難い体質を作ると言われています。

シニア犬にも最適なドッグフード

犬は人間のおよそ4倍のたんぱく質を必要としますが、馬肉には少量でも充分なタンパク質が摂れるので、食の細くなったシニア犬・老犬におすすめのです。

また馬肉には骨粗しょう症や成犬病といった症状に効果があるといわれています。

馬肉に含まれているたんぱく質であるペプチドが血管を広げて、血液の流れをスムーズにして、高血圧の降圧剤の役割をも果たしてくれる効果があります。

馬肉に含まれるビタミンは牛肉の20倍とも言われ、その中でビタミンEは強い抗酸化作用を持ち、老化防止に効果的なのです。

また、カルシウムやビタミン、鉄分などの働きが老化防止に役立つ、アンチエイジング食材ともいえるでしょう。

ラム肉鹿肉馬肉の違い

ラム肉と鹿肉と馬肉は成分や特徴など非常に似ています。高タンパクで低カロリー・低脂肪の特徴など、馬肉と鹿肉はほとんど同じであるといってもいいと思います。

他の肉(牛・豚・鳥)などと比較しても、ラム肉と鹿肉と馬肉は低コレステロール、低飽和脂肪酸であり栄養価に優れています。
ラム肉と鹿肉と馬肉の脂質には不飽和脂肪酸が多いのが特徴です。

ラム肉は体を温める作用があり、内臓機能や代謝機能が活発になることでダイエット効果も生まれます。
そしてラム肉に脂肪燃焼効果があるL-カルニチンを多く含んでいることです。

馬肉には特に善玉コレステロールの必須脂肪酸であるα-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸が豚肉や牛肉に比較して豊富に含まれています。
鹿肉には共役リノール酸(CLA)など多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
また鹿肉には不飽和脂肪酸の一つであるDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。

肉種類 ラム肉 鹿肉 馬肉 牛肉 豚肉
カロリー 107kcal 110kcal 110kcal 371kcal 386kcal
タンパク質 21.9g 22.3g 20.1g 14.4g 14.2g
脂質 1.5g 1.5g 2.5g 32.9g 34.6g
カルシウム 7mg 4mg 11mg 4mg 3mg
鉄分 3.8mg 3.1mg 4.3mg 1.5mg 0.6mg
炭水化物 0.2g 0.5g 0.3g 0.2g 0.1g

ラム肉・鹿肉・馬肉は共に食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質です。牛、豚、鶏肉などのお肉と比べても安全な肉と考えて良いでしょう。どちらが愛犬に合うか、少量から試して見ると良いでしょう。

ラム肉・鹿肉・馬肉のドッグフードの選び方

1.主原料の最初がラム肉または鹿肉または馬肉である

ドッグフードの販売ページを確認して主原料を確認しましょう。主原料の最初に書いてある原料がラム肉または鹿肉または馬肉になっていれば原料の中の中心ががラム肉または鹿肉または馬肉になっているはずです。こちらを基準にしましょう。

2.無添加や人工添加物不使用を選ぶ

日本のドッグフードは海外の基準より甘い部分があり、危険な添加物が含まれている場合があります。

鹿肉ドッグフードを選ぶ際は、無添加や人工添加物不使用と書かれていることを確認して、添加物が含まないものをましょう。

3.原料の産地を確認する。

ラム肉・鹿肉・馬肉のドッグフードを選ぶ際は、がラム肉・鹿肉・馬肉以外の原料の産地も確認しましょう。がラム肉・鹿肉・馬肉だけ安全でその他の原料が不安なものであったら、問題ですよね。公式ホームページに記載が無かった場合には、メーカーに直接電話で確認してみると良いでしょう。

ラム肉鹿肉馬肉のドッグフードの与え方注意点

ラム肉注意
鹿肉馬肉をシニア犬に与える場合、一般のシニア向けドッグフードと比べ、高カロリーになりがちです。一般のシニア向けドッグフードはカロリーを押さえるため穀物を多く含めてあるのです。そのため同じ量を与えると体重が増えてしまうことがあります。

なので体型の変化を良く見ながらドッグフードの給餌量を調整することが必要です。

ラム肉・鹿肉・馬肉のドッグフードランキング

1位 アランズ ナチュラルドッグフード

ラム肉ランキングラム肉ドッグフード

購入者の口コミや実際に注文して愛犬に食べさせたレポートをご覧になりたい場合は、こちらからご確認ください。
⇒ アランズナチュラルドッグフード ラム評判口コミ

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

ラム肉ベース(55%使用)

主原料がラム肉のみのため、チキンや牛、豚などのアレルギーを持っている場合や、ローテーションにラム肉を加えたいという場合に最適。

ローカロリーでダイエット効果

ラム肉はローカロリーなので、運動量の少ないシニアのワンコや、ダイエットが必要なワンコにもぴったり。

人工添加物が不使用

懸念される人工添加物は一切使用されておりません。

穀物アレルギー物質が不使用

穀類の中でもとくにアレルギーを引き起こしやすいと言われているとうもろこし・小麦・大豆が不使用になっています。

肉副産物不使用

ヒューマングレードである人が食べられる原材料のみを使用。人が食べられない死骸や病気になった肉は使用されていない安心の原料を使用しています。

価格 4,277円(税込)
主原料 ラム肉
内容量 2kg
お勧め度 ★★★★★

2位 デイリースタイル

鹿肉ドッグフード アレルギー対策鹿肉ドッグフード

デイリースタイルの特徴

アレルギー反応を起こしにくい鹿肉

主成分にアレルギー反応を起こしにくい鹿肉を使用。ただし、牛肉と小麦も原料に含まれているので、それらでアレルギー反応がある場合は避けた方が良いです。

シニアや子犬でも消化しやすい熟成製法

せっかくの栄養もしっかり消化しないと意味がありません。鹿肉を熟成させることで格段に消化しやすくなっており、消化機能が低下したシニアや消化能力が未発達な子犬でも栄養を吸収できます。

健康と長生きをサポート

脳や神経・網膜に良いとされるDHAやリノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれる鹿肉を主原料にしています。

添加物不使用なのに長期の保存が可能

添加物の着色料・香料・乳化剤・保存料など添加物を一切使用していないにも関わらず、一定の期間保存が効きます。

人が食べられるヒューマングレードの原材料を使用

使用される全ての主原料がヒューマングレードレベルの安全で厳選された高級食材を使用。

価格 3,980円(税込)
主原料 鹿肉
内容量 1kg
お勧め度 ★★★★

3位 馬肉自然づくり

鹿肉ドッグフード アレルギー対策馬肉ドッグフード アレルギー対策

馬肉自然づくりの特徴

アレルギー反応を起こしにくい馬肉

主成分にアレルギー反応を起こしにくい馬肉を使用。
ただし、鶏肉や卵等も原料に含まれているので、それらでアレルギー反応がある場合は避けた方が良いです。

人間用馬刺しを主原料としたヒューマングレード

人間用として認めれれる馬刺しを主な原料としています。添加物などを一切含めていない安心安全なドッグフードです。

ご注文後にさばいてご提供

馬肉自然づくりの原料は、人間用としてさばいた馬刺しの端材を使用しており、もっとも新鮮な馬肉を使用しています。一切の作り置きは行っておりません。

添加物不使用なのに長期の保存が可能

添加物の着色料・香料・乳化剤・保存料など添加物を一切使用していないにも関わらず、一定の期間保存が効きます。

徹底した衛生管理

人間用のして最高水準の衛生管理にある熊本中央食肉センターを通過した馬肉を使用しています。

価格 3,240円(税込)
主原料 馬肉
内容量 1kg
お勧め度 ★★★★

4位 みらいのドッグフード

鹿肉ドッグフード アレルギー対策2

みらいのドッグフードの特徴

熟成鹿肉をメインに使用

高たんぱく低脂肪な熟成鹿肉をメインに使用(牛、馬、鳥肉も原料に使用していますので、それらにアレルギー反応がある場合は皮ふアレルギー用をお選びください)

健康長寿を目的とした36種類の薬膳を配合

36種類の漢方&腸活発行レシピで体内酵素を補い長寿を実現します。穀物や野菜は犬が消化できる微粒子粉末処理を施し消化の問題をクリアーしています。

口腔ケアで健康長寿

歯周菌や口臭問題を解決する歯磨きパウダー付き。癌のリスク、細菌やウイルス感染、脳の働きの低下などを引き起こす口内炎症を防止します。

添加物不使用なのに長期の保存が可能

添加物の着色料・香料・乳化剤・保存料など添加物を一切使用していないにも関わらず、一定の期間保存が効きます。

100%無添加でヒューマングレード

国産&無農薬素材を利用して100%無添加を実現。人間でも食べられる安全品質・美味しさを追及しました。

価格 5,400円(税込)
主原料 鹿肉
内容量 1kg
お勧め度 ★★★

5位 ファインペッツ

アレルギー対策 鹿肉

ファインペッツの特徴

アレルギー反応の少ない原料を厳選

鹿肉を主原料としてアレルギー性の低い鶏肉、鮭肉を主原料としています。

中国産原料不使用

品質に問題のある中国産原料は一切使用しておらず安心出来ます。

ヒューマングレードの原料のみ使用

人間が食べることが出来るレベルの食材のみを使用して、肉類の副産物(バイプロダクツ)や 化学合成の添加物は一切使用していません。

1000円で1.5kgのお試しが可能

お試しパックは通常は少量で割高な場合が多いのですが、FINEPET’S通常販売と同じ1.5kgを1,080円(通常の68%OFF)の価格でお試しすることができます。

価格 3,665円(税込)
主原料 鹿肉他
内容量 1.5kg
お勧め度 ★★★

まとめ

いかがでしたか?ラム肉・鹿肉・馬肉はアレルギーになり難く、低カロリーかつ有効な栄養素を摂ることができるとっても良いお肉のドッグフードです。ぜひお試しください。

他の肉では得られない沢山のメリットを持つラム肉・鹿肉・馬肉を使用したドッグフードは、愛犬の健康作りにも役立ってくれそうですよね。

値段は少々高めになりますが、安心して与えられるドッグフードとして選択の一つに入れてみるのも良いのではないでしょうか?

また、全てのドッグフードを切り替えるのではなく、同じ素材を摂りすぎてアレルギーにならないように、ローテーションの一つに加えるのも賢い方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする